DHAとEPAについて知ろう

「DHA」と「EPA」という言葉は、最近ではよく耳にするようになりましたよね。

テレビの通販番組なんかでも、これらの成分を多く含んだサプリメントを紹介して、販売している姿もよく見かけることでしょう。

では、その具体的な成分とはいったい何なのでしょうか。

DHAとはドコサヘキサエン酸という物質の略称になります。

これは不和脂肪酸の一つになります。

主に魚の油に多く含まれている成分だと言われています。

また、EPAとはエイコサペンタエン酸と呼ばれる物質の略称になっています。

こちらも、魚に多く含まれているようです。

この二つの成分は、健康を維持していくためにも重要な成分になります。

日本人は魚食が通常だったので、昔はその摂取量も多かったのですが、今では食の欧米化が進んできたことにより、DHAとEPAの摂取量が次第に減ってきてしまっているのです。

ですから、サプリメントなども多く発売されるようになりましたし、そういったもので補う必要があるのです。

特にDHAとEPAは魚類の中でもタラやニシン、サバ、サケ、イワシなどに多く含まれるのだそうです。

ですから、日頃から魚をあまり食べないという方や、これからは健康に気を使いたいという人は、先ほど挙げた魚を積極的に食べるようにしましょう。

DHAとEPAは、脳の老化を抑える働きも持っているのです。

ですから、ボケや認知症の防止にも役に立つと言われています。

これらの魚を食べたからといって、発症を必ず押さえることができるとは限りませんが、少なくとも食べないよりかは、良い方向に持っていけると思います。

もちろん幼いころから魚を多く食べることができれば一番良いでしょう。

しかし、高齢の方でも遅いというわけではないのです。

今からでも十分に間に合うので、肉食が続いていた方は、1週間に何回か、魚がメインの献立をつくるようにしましょう。

そのように、意識してDHAとEPAを摂取していかないと、なかなか摂ることが難しい栄養素でもあるのです。

実際に役に立ったサイトがこちらになります。

DHAとEPAについてチェックする


Comments are closed.